メニュー

メタボリックシンドロームと脂肪肝について(2013.06)

[2013.06.24]
脂肪肝は、以前はアルコール摂取過多によるものが多くみられましたが、近年あまり飲酒しない若い人を中心に肥満・糖尿病・脂質異常を基盤とする非アルコール性脂肪肝が増えています。このような脂肪肝のうち、一部が非アルコール性脂肪性肝炎(NASH=ナッシュ)を発症し、肝硬変や肝臓がんにまで進行することがあります。詳しい原因はわかっていませんが、内臓脂肪型肥満(メタボリックシンドローム)に高頻度に合併しています。わが国でも肥満が増えるにつれてNASHに罹患する人が増加しています。健診などで肝機能障害や脂肪肝を指摘されたら、放置せず一度肝臓専門医を受診して、腹部エコー検査や血液検査を受けてください。お心当たりの方は当院までお問い合わせください。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME