メニュー

在宅医療について(2015.11)

[2015.11.17]

高齢化にともなって、病気の種類も多様化しています。脳血管障害で四肢の運動障害のある方や慢性閉塞性肺疾患で在宅酸素療法を行っている方、悪性腫瘍治療中の方などで、病状により通院が困難な方もおられます。そのような患者さんに対して、当院では在宅医療による診療を行なっています。在宅医療はすでに医療の中で重要な一つの形態となっています。当院は「在宅療養支援診療所」として、他の医療機関と連携をとりながら、積極的に在宅医療(往診・訪問診療・訪問看護)に取り組んでいます。病状から通院が困難な方や病院退院後体力的に回復されていない方などのご希望により在宅医療をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME