メニュー

在宅酸素療法(HOT)について(2009.9)

[2011.06.28]
在宅酸素療法(Home Oxygen Therapy:HOT)は、慢性呼吸器疾患による呼吸機能の低下や心臓疾患により、血液中の酸素が不足するために高濃度の酸素を吸う必要がある方に対して、ご自宅で長期間にわたり酸素吸入をする治療法です。酸素不足の状態が続くと、肺以外の臓器にも負担がかかり、高血圧・狭心症・心筋梗 塞・心不全・脳卒中など重大な合併症を引き起こす危険性があります。 HOTは、病状を安定させ生活の質(QOL)を向上させることを目的に行われ、薬物療法や運動療法などとともに内科治療の中でも重要な役割 を担うようになっています。肺気腫など慢性閉塞性肺疾患による高度慢性呼吸不全や慢性心不全などの患者さんに保険適応があり、当院でもこうした患者様に対するHOTの適応の有無について慎重に検討し、導入しておりますので、ご相談下さい。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME