メニュー

特定健診・特定保健指導について(2008.6)

[2011.06.23]
心血管疾患発症の危険度の高い状態であるメタボリックシンドロームに着目し、その発症予防のために、40~74歳で医療保険に加入している方を対象とした特定健診がこのほど始まりました。基本的な健診項目(問診、身体計測、血圧測定、血液検査<AST, ALT, γGTP, 血糖, HbA1c, 中性脂肪, HDL- , LDL-コレステロール>、尿検査)については、無料で受けられます。さらに、その結果を踏まえ、食生活の改善・運動・禁煙などについて、ご自身で目標を定め、その達成のための支援(特定保健指導)が受けられます。お手もとに受診券が届きましたら、保険証(被保険者証)とともにご持参ください。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME