メニュー

胃食道逆流症(GERD)について(2016.12)

[2016.12.15]

GERD(ガード)は胃液が食道に逆流することによって起こる病気です。胸やけ・頻回のゲップ・呑酸(酸っぱいものが上がってくる)・のどの違和感(イガイガやヒリヒリ感)・咳き込み・胃もたれ感などの症状が現れます。肥満の方・お腹を締め付けるような服装の方・背中が曲がっている方は食道裂孔ヘルニアを生じGERDを起こしやすくなります。食道粘膜は胃酸に対する防御機能がないため、酸に繰り返しさらされるとただれや潰瘍が生じ(逆流性食道炎)、ひどくなると出血を来して貧血を起こしたり、狭窄を生じたり、食道がんが発生することもあります。上記のような症状のある方は当院までご相談下さい。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME