メニュー

頸動脈エコー検査について(2018.09)

[2018.09.20]

頸動脈エコー検査は、頸動脈の動脈硬化(血管壁の厚さや血管内腔の狭窄の有無)やプラーク(血管壁に中性脂肪やコレステロールなどがたまったもの)の状態を観察することで、脳梗塞発症のリスクを事前に知ることができる検査です。また頸動脈は全身の血管の動脈硬化の程度を表しているので、この血管壁を観察することで、動脈硬化の早期発見につながります。糖尿病・高血圧症・脂質異常症・高尿酸血症・喫煙・肥満・運動不足・メタボリックシンドロームなど動脈硬化の危険因子を持っている方、脳梗塞・狭心症・心筋梗塞・下肢閉塞性動脈硬化症を罹患されている方は定期的に頸動脈エコー検査を受けて下さい。検査をご希望の方は、当院受付にてご相談ください。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME