メニュー

禁煙治療

禁煙外来のご案内

禁煙外来喫煙が原因と考えられる疾患は多く、特に悪性腫瘍・心臓病・脳卒中・肺炎といった4大疾患に密接に関係しており、さらに、肺気腫・慢性閉塞性肺疾 患・肺癌など、命にかかわる重篤な病気にかかってしまうこともあります。そのリスクは禁煙することで低下することが明らかになっています。喫煙習慣の本質 は「ニコチン依存症」であると捉え、平成18年4月より禁煙治療への保険適応が認められるようになりました。

また、禁煙補助薬として新たに内服薬(チャンピックス)も保険適応となり、治療の選択肢も広がりました。これらの薬を使うと、禁煙成功率が約2~3倍高まるだけでなく、イライラ、集中力の低下などの離脱症状を抑えながら比較的楽に禁煙できます。これまで自分で禁煙を試みたけれどもうまくいかなかった 方、これから禁煙したいとお考えの方、またタバコのために何らかの病気にかかられた方でも、禁煙のためのサポートをさせて頂きますので、お気軽にご相談下さい。

禁煙治療の流れ

禁煙治療の流れ

(1)初回診察の際に、喫煙状況や禁煙に対する関心度などの問診を行います。また、息に含まれる一酸化炭素(タバコの煙に含まれる代表的な有害物質)の濃度を測定します。

(2)「ニコチン依存症」の診断を行った上で、禁煙開始日を決定し、チャンピックスを処方いたします。

(3)標準的な禁煙治療のスケジュールでは、12週間にわたり合計5回の診察を行います。毎回診察時に呼気中一酸化炭素濃度を測定して治療効果を確認し、禁煙を継続するためのアドバイスや薬の処方をいたします。

禁煙治療の費用

12週間の治療を受けられると仮定して、
3割負担の方で自己負担額は合計約20,000円となります。
(診察料、薬剤費等を含む)

Pfizer社の「すぐ禁煙.jp」で詳しい情報が閲覧できます。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME